写メを使う場合は角度を付けて印象を良くする

第一印象は話し方や声質も影響しますが、見た目が与える影響は大きいようで、後になってから最初は印象が違っていたと言われることもあるでしょう。
もし第一印象が悪かったとしても、普段から会う機会がある相手ならば印象は徐々に変わっていきます。

ですがLINEでやり取りをしているような相手の場合、印象が悪ければすぐにブロックされてしまいますから、徐々に変わるという事はあまり期待出来ないのです。
LINEでは見た目の印象を良くする努力が必要になるので、出会いを探そうとしている人は特に写メに関しては注意しておくようにしましょう。

色々な写メを気軽にとれる時代だからこそ、出来の悪い写メを見られて印象を悪くしない注意が必要なのです。
LINEにどんどんと写メをアップする人もいますが、特に自撮りに関しては日頃から慣れている人と慣れていない人の差が出やすいのです。

慣れている人は自分が良く写る角度を知っていますし、出会いを求める場合には何枚も写メを撮ってみて、どの角度が良いのか知っておくことが重要なのです。
角度を付けるのは一般的ですし、何かあってもアプリで簡単に修正できるので、写メのハードルはどんどん高くなっているのです。

横や斜め上から撮影したり、正面から撮影する場合にもうつむき加減にするなど、角度がついた状態の方が印象が良くなる事が多いのです。
せっかく興味を持ってくれる人がいても、写メを見てガッカリされたのでは出会いのチャンスを失うことになるので、普段から慣れておくようにしましょう。

Comments are closed.